アパレルの三陽商会とはよくも悪くもバーバーリーだった

アパレルの三陽商会とはよくも悪くもバーバーリーだったとつくづく思います。

この会社はバーバリーのライセンス契約が終わった後は企業業績は右肩下がりでリストラを行なっているようです。最近は、日本では日本代理店方式をやめて本社が乗り出してくるという風になっています。

時計ブランドでは一新時計店、平和堂貿易、日本ディスコ、日本シーベルへグナーえばメジャーブランドを扱う時計代理店でした。しかし、時計業界は再編され、これらの時計代理店が扱う主力ブランドはもうその代理店にはありません。このようなことがアパレル業界でもおこっているるだけです。

日本人は私も含めて、ブランドという記号が大好きなので、品質は二の次です。

ですから、同じ商品でもブランドがある商品は高く取引され、ブランドのない商品はそれなりの値段で取引されるのです。

三陽商会はバーバリーの後続ブランドとして代理店契約をしているマッキントッシュに関しては、国内では知名度はかなり低です。即日融資 土日祝日