公式練習が生中継されるとはすごい注目です。

平昌オリンピックが始まり、競技が進み各競技でのメダルが決定しています。そして、日本チームでの一番の注目となっているのはフィギュアスケートの羽生結弦選手でしょう。11月半ばのNHK杯の公式練習中に右足首を怪我し約4カ月ぶりの復帰戦となります。個人戦に先駆けて団体戦がありましたが、そちらは回避し調整に励んできたようです。2月11日にカナダから韓国へ現地入りし、12日の公式練習、13日の公式練習が生中継で放送されていました。12日の練習では軽い調整でジャンプはほぼ跳ばず、最後にトリプルアクセルを跳んだだけでした。でも、13日の公式練習では4回転ジャンプを5度着氷させたということです。
もちろん、他の日本人選手の公式練習もニュースの時間に合っていれば中継されますが、羽生選手は注目度がやはり別格です。彼が空港に着いた時に「誰よりも勝ちたい気持ちがある」と言っていたのは頼もしく、羽生選手なら何か通常では考えられない力を発揮してくれるのではと期待しています。